So-net無料ブログ作成

<世帯収支>赤字の家庭が4割に 連合系シンクタンク調査(毎日新聞)

 労働組合系のシンクタンク「連合総合生活開発研究所」は、世帯収支が赤字の家庭が約4割などとする、4月に実施した労働者の生活調査結果を公表した。今春闘は多くの労組がベースアップゼロで終結したが、400万円未満の収入では6割が赤字になるなど、労働者の厳しい暮らし向きが浮かんだ。

 調査は01年から春と秋の年2回実施。今回は年齢や雇用形態を基に、首都圏と関西圏の900人を対象に調査し、573人から回答を得た。

 1年前に比べ賃金収入が「減った」と答えた人は35.6%で前年春調査より5.8ポイント減となったが、「失業不安を感じる」とした割合は23.9%(前年比0.4ポイント増)で、春調査分としては過去最高となり、雇用不安の高まりを示した。特に男性の非正規雇用労働者では45.7%が失業の恐れを感じていた。

 3年ぶり2度目の世帯収支調査では、収支が「赤字」との回答は38.7%で、前回比16.7ポイント増と大幅に増加した。特に、年収400万円未満では60.4%と赤字世帯が半数を超えた。

 回答者全員に聞いた「生活に与える影響」(複数回答)では、対策として「支出を控える」とした人が7割を超え、具体的には「食事の回数を減らした」(6.5%)や「税金など払えず」(5.2%)、「医者にかかれなかった」(4.7%)などが挙げられた。非正規雇用の男性では20%が食事を減らし、31.4%が税金などを払えないとした。

 連合総研は「賃金が上がらず、家計が赤字となり支出を抑え、内需が冷え込むという負のスパイラルが表れている」と分析している。【東海林智】

【関連ニュース】
牛丼チェーン:松屋フーズのバイトが労組結成
日航:労組、旧JAS系統合 乗員と地上職
トンネルの先に:JR不採用23年/下 元裁判長
働くナビ:正社員でも生活できない。
働くナビ:ネットを使った労働相談への関心が高まっています。(1/3ページ)

<三島由紀夫賞>東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」が受賞(毎日新聞)
元妻の娘との婚姻届提出=57歳男、離婚翌日勝手に―兵庫(時事通信)
女性暴行で専門学校生逮捕=30件以上関与と供述―埼玉県警(時事通信)
「人間の鎖」普天間を包囲、無条件返還訴え(読売新聞)
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)

草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)

 8日午前9時35分頃、愛知県半田市馬捨町の市道脇の草むらで、同市板山町、会社員山本博三さん(50)があおむけに倒れ、死亡しているのを通行人の男性(35)が見つけた。

 靴を履いていないことなどから、県警は死体遺棄事件とみて捜査本部を設置した。

 発表によると、山本さんは、死後数時間が経過していたとみられる。黒色ジャンパーにズボン、ネクタイ姿で、着衣の一部が破れ、運動靴の片方が約18メートル離れた草むらに落ちていた。口と鼻から出血していたほか、額に複数の擦り傷があった。県警は9日に司法解剖を行い、死因を調べる。

 山本さんは父(76)、母(76)と3人暮らし。7日午後9時半頃、勤務先を退社して車で帰宅、車は自宅近くの駐車場に止めてあったという。

ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)
参院選出馬松田公太 「イケメン経営者」の正体(J-CASTニュース)
放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア−環境省(時事通信)
<桜島>爆発500回目 7カ月早く(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。